相続・遺産分割

行政書士 無料相談
東京,相続,遺言


相続について


遺言について


遺産分割協議

東京,相続,遺言


会社案内


依頼するメリット


お問合せ

 border=
行政書士スタッフ紹介


行政書士 スタッフブログ

行政書士 無料相談



新宿オフィス 新宿駅

秋葉原オフィス 秋葉原駅

名古屋オフィス 名駅

大阪オフィス 西梅田駅

プライバシーポリシー・免責


トップページ > 相続について
東京,相続,遺言

●相続手続きの基本的な流れ
@相続開始(人の死亡、失踪宣告による死亡、認定死亡により相続開始)
    ↓
A遺言書の有無の確認
    ↓
B相続人の調査、相続財産の確認・評価
    ↓
C相続放棄・限定承認(相続開始を知ってから3ヶ月以内)
    ↓
D遺言がある場合→家庭裁判所での検認→遺言内容の実行
  遺言がない場合→遺産分割協議→遺産分割協議書作成→遺産の分割
●相続人(法定相続人)
【配偶者】
配偶者は常に相続人になれます。

【血族】(子、父母、兄弟姉妹など)
血族については、優先順位があります。

第1順位:子
既に亡くなっている場合などは、孫、曾孫が相続人になります。
第2順位:親
既に亡くなって親がいない場合は祖父母、曾祖父母と遡って相続人になります。
第3順位:兄弟姉妹
姪甥までは相続人になることがありますが、姪甥の子供はなりません。     


第2順位、第3順位の血族は、上位順位の相続人がいる場合は相続人になりません。相続放棄をした場合などは、後順位者が相続人になりますが、縁が薄く存在を把握していない場合もあり、戸籍謄本などを取り寄せて相続人の調査をしておくことが必要です。

●相続財産について
相続の対象となる財産は、不動産、動産、金銭、有価証券、債権、保証債務等があります。
相続者は、被相続人にとってプラス財産もマイナス財産も相続することになります。
相続できない財産もあり、被相続人のみに帰属する権利義務、つまり一身専属権といわれるものは相続できません。
年金請求権、扶養請求権、祭祀財産(お墓、墓地、仏壇、位牌)などが、これらにあたります。
●遺留分について 

遺留分とは、被相続人の財産の内、一定の法定相続人に必ず承継されるべきものとされる一定割合(最低限の取り分)のことをいいます。
被相続人は、生前贈与や遺言により、自己の財産を自由に処分することができるというのが原則ですが、この遺留分の制限を受けます。

遺留分を持つ人(遺留分権者)の受けた相続財産が、遺留分に満たない場合は「遺留分の侵害」といいますが、この場合でも当然に無効とされるわけではなく、「遺留分減殺の請求」をする必要があります。 

●相続の手続き種類について

相続される財産によって、相続人は相続を承認または放棄することができます。
相続手続きには下記の種類があります。

・単純承認:被相続人の権利義務を全て相続   

・限定承認:債務は、相続財産の範囲内でのみ相続
        ※マイナス財産をプラスの財産の範囲内で相続することになります。

・相続放棄:一切、相続しない

限定承認、相続放棄は、相続開始を知ったときから3ヶ月以内に家庭裁判所に申請する必要があり、限定承認は相続人全員が共同で行います。


遺産分割
Copyright (C) Support Solicitor Office. All Rights Reserved.