相続・遺産分割

行政書士 無料相談
東京,相続,遺言


相続について


遺言について


遺産分割協議

東京,相続,遺言


会社案内


依頼するメリット


お問合せ

 border=
行政書士スタッフ紹介


行政書士 スタッフブログ

行政書士 無料相談



新宿オフィス 新宿駅

秋葉原オフィス 秋葉原駅

名古屋オフィス 名駅

大阪オフィス 西梅田駅

プライバシーポリシー・免責


トップページ > 遺産分割協議
東京,相続,遺言
 
遺産分割
  遺産分割とは、相続の開始によって、相続人の共同所有に属している相続財産の
  全部又は一部を、各相続人の単独所有もしくは新たな共有関係に移行させる手続
  のことです。

  相続の開始と同時に、被相続人の財産は相続人に移転します。相続人が1人の場
  合は、遺産は相続人の単独所有になり、分割の問題は生じませんが、相続人が数
  人ある場合は、遺産の共同所有関係が生じていることになりますので、いずれ各相
  続人に確定的に帰属させる手続が必要となります。

 
  遺産分割の方法には、遺言による分割、協議による分割、家庭裁判所での調停
  による分割、家庭裁判所での審判による分割の4種類があります。

遺産分割協議について
  遺言書が無く法定相続人が複数名いる場合に、相続人全員で、相続財産について
  誰がどの財産をどれだけ相続するか、遺産の分け方を決定します。

  相続人全員の合意があれば、法定相続分に関係なく、自由に分割可能です。

  遺産分割協議は相続人全員の意思の合致により成立し、その後は、無効・取消の
  原因がない限り、やり直しを主張することはできません
 
 ●寄与分・特別受益について
  遺産分割協議の中では、寄与分、特別受益といったことも検討に入れる必要があ 
  ります。

  寄与分:被相続人の財産の維持や増加に特別に貢献した相続人がいた場合に、 
        法定相続分とは別に認められる相続分をいいます。

  特別受益:被相続人の生前に受けた贈与や、遺贈などで受けた利益をいいます。
         特別受益を受けた相続人がいる場合、相続財産にこの特別受益を加え
         て相続分を算定します。
 
遺産分割協議書について
  遺産分割協議の結果を証明する書面として、遺産分割協議書を作成します。

  作成義務はありませんが、相続不動産の所有権移転、相続税の申告の時などに
  証明書類として必要となりますので、作成しておくことが望ましいです。

  書式・用紙等に定型の方式は無く、決定した内容、作成日、各相続人の署名押印
  があればより良いです。
遺産分割
Copyright (C) Support Solicitor Office. All Rights Reserved.